2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ミキ サカタ/Miki Sakata
喜音愛楽

3歳よりピアノをはじめ、音楽大学ピアノ科でクラシック音楽専攻。
卒業後、作曲家、ピアニストとして活動する傍ら、
ギリシャ古典楽器でハープの先祖として知られる
「プサルタ」を独学でマスター。
世界的にも珍しいプサルタ奏者として国内外から高い評価を受けている。

レコーディング参加はUA、ピアノとプサルタの多重録音では
中田英寿監修アルバムに提供、J−waveソング他
東日本大震災以降は、震災チャリティー用にオリジナル楽曲を書き下ろし、
複数のチャリティー・ライブ石巻、瀬戸にて支援コンサートに参加。
チュニジア人アーティスト音楽家RiadhFehri、
ヴァイオリニスト香月さやからと共演にて
書き下ろし曲『KIBOW』をフィーチャーされる。
グラミー賞受賞アーティスト ジム・オルークとの
コラボレーション・プロジェクトとして只今配信リリース中。
2013年5月出雲大社平成の大遷宮ではプサルタで書き下ろし曲を御奉納、
テクノ界No1JEFF MILLSの曲をピアノアレンジに挑むなど
幅広く新しい分野への挑戦を続けている。
クラシック演奏者の枠に留まらず、
海外アーティストとのレコーディングやライブに参加。
ピアノとプサルタを駆使する詩情豊かなスタイルは独創的、
色彩的で叙情的、美しく平和的と賞賛されている。

近年、各国大使館主催の来日アーティスト・ライブでの
特別ゲストとして招待されるなど、海外からの注目も高い。
http://mikisakata.jp


月別アーカイブ: 10月 2013

Uchronie

Uchronieとは、東京のとある街角で出逢い、
私のHPに遊びに来てくれて、
その感想とプサルタという楽器にとても興味をもたれたということ。
その様な流れで、彼らのライブに参加をさせて頂く事に。
彼らのHPサイトで数曲を確認していたものの、全くというほど存知あげていなく、 、
リハーサルに行きましたら、
フランス特有の自由気ままな空気が〜
とても心地よく癒されている間もなく?
いきなり、14曲を演奏することに^^
今回はあたまにおリボン♡
日本を敬愛するGillesのギター音楽は、 とても優しく繊細でリリカル、 ポエティカルでこちらの扉を優しく開いてくれます。。
いつの間にか彼の独特なグルーブ音宇宙世界に乗せられて、 プサルタと共に紡ぎ合わせてハーモニーが生まれていました。
今回の東京公演では彼だけが楽器担当。 あとのシンガー、パフォーマーを優しく包み込み強く支えていましたね。
とてもチャーミングな表情で時には挑発的に表現、 透明感ある歌声と独特なパワーセンスを感じさせるシンガーEmilie
ハスキーボイスに声美しい低音が響き渡る歌声 Gael
ボリス・ヴィアンの歌詞の一部のハーモニーがとても印象的。
雨の中、私のライブにも名古屋より飛んで来てくれて『愛の讃歌』 唄ってくれてどうもありがとう!
静止状態!が見事に素晴らしい ww
パフォーマーのFrancoisと共に観客にポエトリーリーディングをさせて巻き込むエンターテイメント型が誰もが飽きない会場を創り上げていました。

 

 

お疲れさまでした 〜!


カテゴリー: 未分類 |