2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ミキ サカタ/Miki Sakata
喜音愛楽

3歳よりピアノをはじめ、音楽大学ピアノ科でクラシック音楽専攻。
卒業後、作曲家、ピアニストとして活動する傍ら、
ギリシャ古典楽器でハープの先祖として知られる
「プサルタ」を独学でマスター。
世界的にも珍しいプサルタ奏者として国内外から高い評価を受けている。

レコーディング参加はUA、ピアノとプサルタの多重録音では
中田英寿監修アルバムに提供、J−waveソング他
東日本大震災以降は、震災チャリティー用にオリジナル楽曲を書き下ろし、
複数のチャリティー・ライブ石巻、瀬戸にて支援コンサートに参加。
チュニジア人アーティスト音楽家RiadhFehri、
ヴァイオリニスト香月さやからと共演にて
書き下ろし曲『KIBOW』をフィーチャーされる。
グラミー賞受賞アーティスト ジム・オルークとの
コラボレーション・プロジェクトとして只今配信リリース中。
2013年5月出雲大社平成の大遷宮ではプサルタで書き下ろし曲を御奉納、
テクノ界No1JEFF MILLSの曲をピアノアレンジに挑むなど
幅広く新しい分野への挑戦を続けている。
クラシック演奏者の枠に留まらず、
海外アーティストとのレコーディングやライブに参加。
ピアノとプサルタを駆使する詩情豊かなスタイルは独創的、
色彩的で叙情的、美しく平和的と賞賛されている。

近年、各国大使館主催の来日アーティスト・ライブでの
特別ゲストとして招待されるなど、海外からの注目も高い。
http://mikisakata.jp



「紡」ソロアルバム(ピアノ)発売中

「静寂の中に和の心があり、物語る指の運びが美を紡ぎ出す。
ポスト・クラシカルやアンビエント・ミュージックを視野に入れながらも、
決して気を衒わないナチュラルなスタイルが普遍性と俯瞰性を兼ね備えている。
いるのにいない。いないのにいる。それが彼女の魅力なのだと思う」
沖野修也(音楽家・執筆家)

みはるかす 「わたし」や「あなた」 という人格だけでなく、 木の1本1本、 木のはえている丘や山といった土地、 通りすぎてゆく鳥、 そうしたすべてのものにとって みはるかす、 そんなふうに音楽を感じ、 演奏するさまを、 想像できたならーーー。 小沼 純一

以下のネット店舗にてお取り扱いいただいて おります。
192KHz/32bitによるハイレゾ録音ですので
高級オーディオスピーカーをお持ちの方は
ぜひお聴きいただけましたら嬉しいです
どうぞよろしくお願いいたします ^^
http://tower.jp/item/4294305/TSUMUGI-紡 http://merurido.jp/item.php?ky=CADE0018 http://diskunion.net/sp/jazz/list/0/80755094?dss_mode=sp http://m.hmv.co.jp/product/detail/7122936

 


カテゴリー: 未分類 |