2016年9月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ミキ サカタ/Miki Sakata
喜音愛楽

3歳よりピアノをはじめ、音楽大学ピアノ科でクラシック音楽専攻。
卒業後、作曲家、ピアニストとして活動する傍ら、
ギリシャ古典楽器でハープの先祖として知られる
「プサルタ」を独学でマスター。
世界的にも珍しいプサルタ奏者として国内外から高い評価を受けている。

レコーディング参加はUA、ピアノとプサルタの多重録音では
中田英寿監修アルバムに提供、J−waveソング他
東日本大震災以降は、震災チャリティー用にオリジナル楽曲を書き下ろし、
複数のチャリティー・ライブ石巻、瀬戸にて支援コンサートに参加。
チュニジア人アーティスト音楽家RiadhFehri、
ヴァイオリニスト香月さやからと共演にて
書き下ろし曲『KIBOW』をフィーチャーされる。
グラミー賞受賞アーティスト ジム・オルークとの
コラボレーション・プロジェクトとして只今配信リリース中。
2013年5月出雲大社平成の大遷宮ではプサルタで書き下ろし曲を御奉納、
テクノ界No1JEFF MILLSの曲をピアノアレンジに挑むなど
幅広く新しい分野への挑戦を続けている。
クラシック演奏者の枠に留まらず、
海外アーティストとのレコーディングやライブに参加。
ピアノとプサルタを駆使する詩情豊かなスタイルは独創的、
色彩的で叙情的、美しく平和的と賞賛されている。

近年、各国大使館主催の来日アーティスト・ライブでの
特別ゲストとして招待されるなど、海外からの注目も高い。
http://mikisakata.jp



紙芝居配信スタート ♫^^

<紙芝居>アプリの配信がスタート☆
いたしました。
紙芝居とは日本特有の伝統文化、
日本ならではです。
パリ在住の作家アーティスト
築野友衣子(http://yuikotsuno.com)さんは、
とても不思議な力をお持ち …
今はパリを中心に子供たちに向けて
フランス全土を紙芝居公演
いわゆる土佐周り …..? 中です。(去年の5月〜)
まるで観音様のような存在のアーティスト、
ミヒャエルエンデを越しているのでは … ?
と感じさせられる事しばしば ….
精神性がとても成熟していて、とても純粋 .
いくつかの作品がある中のひとつ、
『ぎんがつむり』
電子オンデマンドアプリ配信になりました。
こちらの作品に音楽をご提供させて頂きました。
シーンシーンに合せての即興での作曲、彼女の声(音域)に合せての作曲 、
時には、その植物の気持ちになってみたりと ….
エンジニア、サウンド調整は石野卓球、
木村カエラなどのエンジニア、渡部高士 です。
(長年の音もだちです ^^♫)
お子さま、お孫さまへの贈り物としましても
とッ♡てもお勧めです
フランス語バージョンは、もう少々お待ち頂けましたら幸いです ☆
(^^;;


カテゴリー: 未分類 |